受信点調査が楽になりました(LCV3)

今回は、LCV3の新機能について詳しく説明していきます。
建物が建つとそのビルの屋上で、テレビの電波が正常(良好)に受信できるか調べたり、屋上で電波の受信が難しい箇所があるか等、受信状況を調査する調査する必要が出てきます。昔の受信点調査はつらかった。屋上に機材を運ぶのに現場の足場についているロングスパンエレベーターを使用できない事が普通で、調査用のアンテナ・ポール・同軸ケーブル・測定機(レベルチェッカー)・ブラウン管14型テレビ・ケーブルドラム・1眼レフカメラ等を手に持って、調査地点の屋上に向かって階段を上がって行く。正直地獄でした。
しかし、時は流れ便利になりました。多機能なチェッカーの登場です。LCV3。

電波のレベルと、C/N・BER同時表示まずは、数値として受信可能か判断付きます。

そして、映像確認ボタンで映像を確認。

データ保存ボタンで画像ファイルとして保存できます。

チェッカーで撮影保存した画像がこちら。

という訳で、機材のブラウン管14型テレビ・ケーブルドラム・1眼レフカメラを省略。本当に楽になりました。1眼レフカメラの時代は、撮影時に光が入らないように工夫が必要で、なおかつシャッターの切るタイミングが悪く、近くのスピード現像に出すと、「あ~やっぱりやらかしてました。撮りなおし」悲しすぎる。

これからは、楽にスマートに作業完了です。

LCV3改善希望

TVデータ測定は、当然マスプロ電工レベルチェッカー。

LCN3、LCV2と使い続けて新チェッカーのLCV3を当然購入。しかしながら、多少使いづらくなったので、改善される事も希望し、機能的な違いを紹介。(新チェッカーの素晴らしい新機能も追って紹介します。)

取付工事が完了し、調整やTVユニットの測定時ですが、データ名を入力するのがかなり面倒な作業となりました。上図のように毎回チェッカーの型番日付などが出てきます。それに続けて文字を打ち込みたいのですが、3文字程度しか入力できません。つまり、まず最初の作業として、削除キーで文字を削除しないと先に進めません。例えば1001号室のリビングダイニングを1001LDと最初の文字に引き続き入力できないのです。また、最初のチェッカーの型番日付の文字を消して1001LDと打ち込んでいても、次の場所(洋室)に移動し、1001号室の洋室を1001Yと打込みたくても先程の1001LDは消え去って最初の型番日付などが出てきます。先の測定時打ち込んだ1001LDのLD2文字を消して1001Yとするような、前のチェッカーでは出来ていた機能が出来なくなりました。ソフトの変更時に良い機能はそのまま受け継いで欲しいものです。

追記

SDカードの保存の仕方も変わったので追記します。

LCV3になってから多チャンネルモードなどで測定後、保存時一旦本体保存ではなく、いきなりSDカード保存となりました。その結果、データを探すのが大変になりました。最初、SDカードを挿入せずに本体保存し、本体メモリーがいっぱいになった時にSDカードを挿入してフォルダ名を決めてフォルダごとに本体する従来のやり方が便利です。

チェッカーLCV3のレンタル機器の追加を予定

レンタル機器の追加を予定しているチェッカーLCV3の機能について紹介していきます。

今回、LCV2からLCV3に代わってとても便利になったと思われる点について説明していきます。
IMG_0572

上図の写真が多チャンネル測定時にシフトと表示切り替えにより、レベルとBER・CNが一度に表示されて、データ保存時もまとめて記録できます。

IMG_0574

地デジの場合は、レベルとBER・MERが一度に表示されて、データ保存時もまとめて記録できます。

TV試験成績表を作製の為の編集機能エクセルマクロの紹介

Macro 192

マスプロ電工製のテレビデジタル信号測定器デジタルレベルチエッカー【LCV2】を用い、多チャンネル測定したデータで

SDカードに保存したCSVファイルをパソコンで編集し、提出する為の編集機能を持たせたエクセルマクロ作製しましたので、報告します。

下記、URLにてご確認下さい。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se512293.html

続きを読む TV試験成績表を作製の為の編集機能エクセルマクロの紹介

防犯監視カメラの導入に関して考慮すべき事項

最近、防犯の為にITV監視カメラの導入に関して検討される方が増えてきました。しかし、施工業者を呼ぶ前に頭の中を整理した上で、検討される事をお勧めします。まず、例として駐車場の防犯カメラの導入前事項を書き留めます。駐車場が月極め駐車場の場合、そこそこの敷地広さとなりカメラ1台だけでは、死角ができ折角、録画装置デジタルビデオレコーダーで録画していても決定的な(車上荒らし)場面が録画されてない可能性があります。その場合、死角をなくすためカメラを複数台設置する必要があります。複数台設置する場合、カメラの台数は、4台で配置をイメージして下さい。施工業者が不誠実な業者の場合、不必要にカメラの台数が増える可能性があります。デジタルビデオレコーダーは、最少4入力の機器が多いです。4入力以上のレコーダーは、価格が急上昇します。2入力のレコーダーもありますが死角ができない場合、2入力で問題ありません。

次にカメラの取付位置を検討します。

カメラ取付ポール
ipp

ポールがある場合、カメラをポールに取付するとカメラ取付用のポールの建柱費用を抑えることが出来ます。その取付位置からの画像をデジカメあるいはスマホなどのカメラ機能を使用して写真を撮ってみて下さい。実際のカメラの映像とは違いますが、イメージが湧いてくると思います。

駐車場カメラ映像イメージ
ipp

以上、導入前に検討されると施工業者との打ち合わせする場合、スムーズにカメラの導入へと進むと思われます。

カメラ取付後
Hisilicon K3

水銀灯LED化で節電を試算

LED水銀灯今、現在外灯や工場・物流倉庫などで活躍を続ける水銀灯。安価で寿命が長く大光束を得られる、白熱電球よりも高効率長寿命等の優れた特性を持つ電球ですが、倉庫など大空間に対しての使用が多い為、白熱電球よりも長寿命と言ってもランプの交換、消費電力の問題等、電気代が上がる昨今においては、気になるものです。そこでLED化の検討も考えてみては、どうでしょうか。

そこで気になるのが、対費用効果。簡易の計算ではありますが、施設での水銀灯の電球使用数を記入する事による既存の照明器具をLEDに変更した場合の差を確認してみてはどうでしょうか。水銀灯の代表的な

  1. 100形
  2. 250形
  3. 400形

以上、3種類しかありませんが、それぞれの施設にある電球数を御記入頂き御確認下さい。 続きを読む 水銀灯LED化で節電を試算

新サービス分割払いで楽々LED導入

少しづつLED化も浸透してきて、事務所・店舗等の照明がLEDに変更されている所も、見受けられるようになってきていますが、まだまだLED化導入を見送るケースが、多々あります。

その際、一番の問題となっているのが、金銭面の問題。設備を導入するに当たっての初期投資が、ネックとなっているようです。

巷のサービスとして、リース等の初期投資をおさえるサービス等もありますが、長年にわたってリース代を払い続けると長期的な目で見ると、かえってコスト高となる事もあると、思われます。

そこで、弊社では、単純に分割払いとすることで、支払を含めて数多くのメリットを持つサービスを提案致します。

【24回(2年払い)の例】  bunkatu

ここで、実際の金銭的な流れの具体例について説明していきます。

(※工事費はお客様各位において、条件が異なります)

  1. 事務所内、蛍光灯40形25本をLED化
  2. 分割は、24回払い
  3. LED使用条件(1日の使用時間10時間・月間使用日数毎日)

続きを読む 新サービス分割払いで楽々LED導入

マスプロレベル測定結果保存方法

以前、「マスプロ電工 デジタルレベルチエッカー【LCV2】レベル測定の方法」という記事で
レベル測定の方法をご紹介しました。
今回はその続きということで、測定した結果を本体に登録し、
さらに、本体に付属のSDカードに保存する方法をご紹介いたします。

LCV2多チャンネル測定VU

 

 

 

 

LCV2データ登録ボタン位置

 

 

 

 

 

 

画像上段(今回は多チャンネル測定を行っている)の画面で画像下段の赤丸の 「データ登録」のボタンを押します。 続きを読む マスプロレベル測定結果保存方法

放送.ITV監視.TV共聴.LAN.自火報の設備工事